「BATSUNAGUって本当に信用できるの?」

「不動産クラウドファンディングを始めたいけど、BATSUNAGUってどうなの?」

これからBATSUNAGU(バツナグ)で不動産クラウドファンディングを始めようか考えている方は、どんなリスクやデメリットがあるのか気になっているのではないでしょうか?

事前にBATSUNAGUを詳しく知ることで、投資に備えることができます。

この記事では、BATSUNAGUの特徴やリスク、デメリットについて解説していますので、ぜひ参考にしてください。

BATSUNAGUの公式サイトはこちら⇒

投資歴10年超のプロも投資中の「COZUCHI」が今アツい!

昨今、不動産投資クラウドファンディングサービスは大人気であり、50社以上の事業者が参入しています。

その中でも筆者が最もおすすめできるのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に、36億円という業界でも圧倒的な大規模ファンドを募集しました。

結果はなんと、募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きました。

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが毎月のように組成される点です。

一方で気になるのがそれだけ高い利回りで本当に大丈夫か、信頼できるのかという点でしょう。

筆者は運営会社のLAETORI株式会社の方とお会いしたことがあるのですが、専門性は申し分ないですし、何よりCOZUCHIに対する熱い思いや考えが伝わってきました。

またLAETORI株式会社は、資本金1億円、創業23年目を数える歴史がある不動産会社です。

不動産事業の実績が豊富で、実績とノウハウがあるからこそこれだけの開発プロジェクトをファンド化できているとも言えるので、安全性についても高いと言えるでしょう。

不動産クラウドファンディングに興味がある人、1万円の少額から投資を始めたい人であれば、まずはCOZUCHIは押さえておくべき投資先といえるでしょう。

無料会員登録と投資家登録には本人確認のステップがありすぐには投資できないため、条件のいいファンドへの投資機会を逃さないためにもまずは無料の会員登録・投資家登録を進めておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック⇨

 

BATSUNAGU(バツナグ)に関する評判・口コミを紹介

BATSUNAGUに関する評判や口コミは多くあるので、一部を紹介します。

利回りが比較的高めなので、配当が楽しみです。

他の不動産クラウドファンディングにはない物件に投資できるので興味深いですね。

地域活性化に貢献できるのはとても面白いですよね。

協力できるところはどんどんしていきたいと思います。

地方創生ができるということで興味が湧きました。

いろんな地域の物件に投資できるので、投資の楽しさを感じられますよ。

BATSUNAGUの公式サイトはこちら⇒

BATSUNAGU(バツナグ)の7つの特徴を一挙解説!

ファンドを通じて地方創生ができるBATSUNAGUには、不動産クラウドファンディングとして他にはない魅力があります。

ほかにも様々な特徴がありますので、それぞれ詳しく説明していきましょう。

  • 概要
  • 募集頻度
  • 過去の募集件数
  • 最低投資額と優先劣後比率
  • 平均募集額
  • 募集達成率
  • 平均運用期間

それぞれの情報をチェックして、投資するべきかどうか判断するのがおすすめです。

BATSUNAGUのファンドの概要

BATSUNAGUで取り扱っているファンドは、地方の古民家をはじめとする物件です。

基本的には資産価値が低いため、収益が得られるのか気になる方もいるかもしれませんが、物件の契約を行って賃料収入を確保してからファンドを募集するなどして、リスク軽減に努めています。

BATSUNAGUのファンドの募集頻度

BATSUNAGUのファンドの募集頻度は、数か月に1回です。

募集頻度がかなり少ないため、こまめにチェックする必要性があるでしょう。

BATSUNAGUのファンドの過去の募集件数

BATSUNAGUのこれまでの累計ファンド数は、4件です。(2022年5月時点)

非常に少ないですが、まだサービスを開始してから1年も経っていないこともあるでしょう。

BATSUNAGUの最低投資額と優先劣後比率

BATSUNAGUの最低投資額は、1万円からです。

初心者でも手軽に申し込めるのがうれしいですね。

優先劣後比率は、ファンドごとに異なりますので、個別に確認しましょう。

劣後出資内の損失であれば優先出資元本に影響がないので、安心して投資できます。

BATSUNAGUのファンドの平均募集額

BATSUNAGUのファンドの平均募集額は、2,642万円です。(2022年5月時点)

ファンドの規模が比較的小さいため、すぐに募集終了になる可能性もあります。

BATSUNAGUのファンドの募集達成率

BATSUNAGUのファンドの募集達成率は、100%です。(2022年5月時点)

過去のファンドはすべて募集金額を100%達成しており、運用が行われています。

BATSUNAGUのファンドの平均運用期間

BATSUNAGUのファンドの直近の平均運用期間は、15ヶ月となっています。(2022年5月時点)

すべて12ヶ月以上の運用期間となっているため、長期運用をしたい方におすすめです。

BATSUNAGUの公式サイトはこちら⇒

BATSUNAGU(バツナグ)に投資する前に!リスク・デメリットについても解説

BATSUNAGUの不動産クラウドファンディングのリスク・デメリットは

  • サービス開始から1年未満
  • ファンドに不確定要素が多い

となっています。

それぞれ解説していきましょう。

BATSUNAGUのリスク・デメリット1.サービス開始から1年未満

BATSUNAGUは、サービス開始から1年も経っていないサービスです。

ファンド数は4件のみと、現時点では非常に少ないと言えます。

また、第1号ファンドの運用終了日が2022年8月31日となっているため、無事に償還されたファンドがまだありません。

実績を重視したい方は、もう少し様子を見た方がいいでしょう。

BATSUNAGUのリスク・デメリット1.ファンドに不確定要素が多い

BATSUNAGUは、募集しているファンドの不確定要素があることにも注意が必要です。

自社の強みを活かしたリノベーション物件や地方の資産価値が低い物件などを取り扱っていますが、本当に成功するのか心配になる部分もあります。

集客に失敗する恐れがあったり、プロジェクトの進行が遅れてしまったり、利益が発生するまでのタイミングが遅かったりするなど、様々な不安要素があるでしょう。

場合によっては元本割れを起こす可能性もあるので、投資したとしても油断はできません。

BATSUNAGU(バツナグ)の会員登録の方法をステップでわかりやすく解説

BATSUNAGUに会員登録する手順は、以下のとおりです。

  1. BATSUNAGUにアクセスして「新規会員登録」をクリックする
  2. 必要事項を入力して仮会員登録を行う
  3. 入力したメールアドレスに届いたURLをクリックする
  4. 氏名、電話番号、住所などの情報を入力する
  5. 本人確認書類をアップロードして送信する
  6. 審査に通過後、BATSUNAGUから登録した住所にハガキが届く
  7. マイページにログインしてハガキに記載された本人確認コードを入力する

これらの手続きが終わると、ファンドの申し込みができるようになります。

BATSUNAGU(バツナグ)の運営会社「株式会社リムズキャピタル」の会社情報

株式会社リムズキャピタルは、地方の再生物件を取り扱っているのが最大の特徴です。

2016年に設立されたばかりで、資本金も5,000万円と心許ないと思われるかもしれませんが、マンション物件だけでなくリノベーション物件も取り扱っているなど、他の不動産会社にはない特徴があります。

BATSUNAGUでもそのノウハウが活かされているので、これからの活動の伸び代が期待できるでしょう。

株式会社リムズキャピタルの会社概要は、以下の通りです。

会社名

株式会社リムズキャピタル

設立日

2016年4月27日

所在地

〒101-0054
東京都千代田区神田錦町2目7番南部ビル4階

連絡先

03-5282-5282

資本金

5,000万円

代表取締役

磯部 昌史

BATSUNAGUの公式サイトはこちら⇒

まとめ

BATSUNAGUは、リノベーション物件や地方の古民家など、地方創生に貢献できるファンドを取り扱っているのがポイントです。

ただ、不確定要素が多い上に募集しているファンドが少ないこともあって、未知数の部分が多くあります。

BATSUNAGUが気になる方は、まずは会員登録してみてはいかがでしょうか。

BATSUNAGUの公式サイトはこちら⇒

投資歴10年超のプロも投資中の「COZUCHI」が今アツい!

昨今、不動産投資クラウドファンディングサービスは大人気であり、50社以上の事業者が参入しています。

その中でも筆者が最もおすすめできるのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に、36億円という業界でも圧倒的な大規模ファンドを募集しました。

結果はなんと、募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きました。

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが毎月のように組成される点です。

一方で気になるのがそれだけ高い利回りで本当に大丈夫か、信頼できるのかという点でしょう。

筆者は運営会社のLAETORI株式会社の方とお会いしたことがあるのですが、専門性は申し分ないですし、何よりCOZUCHIに対する熱い思いや考えが伝わってきました。

またLAETORI株式会社は、資本金1億円、創業23年目を数える歴史がある不動産会社です。

不動産事業の実績が豊富で、実績とノウハウがあるからこそこれだけの開発プロジェクトをファンド化できているとも言えるので、安全性についても高いと言えるでしょう。

不動産クラウドファンディングに興味がある人、1万円の少額から投資を始めたい人であれば、まずはCOZUCHIは押さえておくべき投資先といえるでしょう。

無料会員登録と投資家登録には本人確認のステップがありすぐには投資できないため、条件のいいファンドへの投資機会を逃さないためにもまずは無料の会員登録・投資家登録を進めておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック⇨