「クラウドバンクって利用しても大丈夫?」

「利用したいけど本当に稼げるか心配…」

クラウドバンクは実績が高く、これまでに元本割れを起こしたことがないので安心して投資できる不動産クラウドファンディングです。

とは言え、本当に信頼できるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、クラウドバンクを利用する際にどんなメリットやデメリットがあるのか、本当に信用できるのかご説明しましょう。

最後まで記事を読むことで、本当に安心して投資できるかどうかが分かるので、ぜひ参考にしてください。

クラウドバンクの公式サイトはこちら⇒

投資歴10年超のプロも投資中の「COZUCHI」が今アツい!

昨今、不動産投資クラウドファンディングサービスは大人気であり、50社以上の事業者が参入しています。

その中でも筆者が最もおすすめできるのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に、36億円という業界でも圧倒的な大規模ファンドを募集しました。

結果はなんと、募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きました。

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが毎月のように組成される点です。

一方で気になるのがそれだけ高い利回りで本当に大丈夫か、信頼できるのかという点でしょう。

筆者は運営会社のLAETORI株式会社の方とお会いしたことがあるのですが、専門性は申し分ないですし、何よりCOZUCHIに対する熱い思いや考えが伝わってきました。

またLAETORI株式会社は、資本金1億円、創業23年目を数える歴史がある不動産会社です。

不動産事業の実績が豊富で、実績とノウハウがあるからこそこれだけの開発プロジェクトをファンド化できているとも言えるので、安全性についても高いと言えるでしょう。

不動産クラウドファンディングに興味がある人、1万円の少額から投資を始めたい人であれば、まずはCOZUCHIは押さえておくべき投資先といえるでしょう。

無料会員登録と投資家登録には本人確認のステップがありすぐには投資できないため、条件のいいファンドへの投資機会を逃さないためにもまずは無料の会員登録・投資家登録を進めておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック⇨

 

クラウドバンクの評判・口コミは悪い?怪しい?2ch(5ch)などの掲示板から紹介!

クラウドバンクに関する評判や口コミは多くあるので、一部を紹介します。

基本的に利回りが高いのがうれしいですね。

分配再投資を続けていますが、トラブルが発生することもなく、毎月しっかりと利益が出せています。

利回りが高いのに短期間で終了するので稼ぎやすいのはお得ですね。

今のところ元本割れを起こしていませんし、安定して稼げる場所です。

案件によっては速攻で募集が終了することがありますが、基本的に短時間で募集が終了しにくいのはありがたいですね。

それでもいつの間にか終了していることもあるので油断はできませんが、投資はしやすいです。

クラウドバンクの過去のファンド実績は?元本割れや大損の可能性は?

2022年6月時点でのクラウドバンクのファンド数は、4,995件です。

これほどのファンドを募集しているにもかかわらず、これまでに元本割れを起こしたことはありません。

つまり、クラウドバンクで損をした方は一人もいないということです。

ファンドの種類も多種多様で、多くの投資家にとって安心できる場所になっています。

クラウドバンクの公式サイトはこちら⇒

クラウドバンクの不動産クラウドファンディングの3つの特徴・メリット

クラウドバンクの不動産クラウドファンディングの特徴やメリットは、以下の3つです。

  • リスク回避に力を入れている
  • 1万円から少額投資ができる
  • 一度投資すれば後は放置するだけ

それぞれ説明しましょう。

クラウドバンクの特徴・メリット1.リスク回避に力を入れている

クラウドバンクでは、投資家が損失を極力被らないように、リスク回避に力を入れています。

企業かから融資の申し込みがあった時には、その企業の財務状況や資金使途の妥当性などを厳正に審査します。

万が一、融資先が元本や利息を払うことができなかったとしても、投資家に支払う原資を捻出するために、融資額を上回る評価額を担保にしているのもポイントです。

数千件ものファンドを募集した実績があるにもかかわらず元本割れを起こしたことがないのは、このような徹底したリスク回避を行っているからと言えます。

これなら安心して投資ができますね。

クラウドバンクの特徴・メリット2. 1万円から少額投資ができる

クラウドバンクでは、1万円からの少額投資が可能です。

いきなり高額な投資をしたくないという方や資金があまりない方でも投資ができるようになっているので、初心者にもおすすめできると言えるでしょう。

コツコツと積立金を貯める感覚で投資する際にもおすすめです。

クラウドバンクの特徴・メリット3.一度投資すれば後は放置するだけ

クラウドバンクは、一度投資すれば後は放置するだけでいいというメリットがあります。

株やFXなどの場合、どのような状況になっているのかレートを逐一確認しなければならず、その場で売買のタイミングを考えなければなりません。

画面から目を離した隙に価格が下落する可能性もあるため、忙しい方は売買のタイミングを見極めるのが難しくなります。

しかし、クラウドバンクは募集中のファンドに申し込むだけで、後は運用期間が終了するのを待つだけです。

これなら忙しい方でも手軽に投資できる上に、気が付いたら利益を得ている状況が作り出せます。

クラウドバンクの公式サイトはこちら⇒

クラウドバンクの不動産クラウドファンディングの3つの注意点・デメリット

クラウドバンクの不動産クラウドファンディングの注意点やデメリットは、以下の3つです。

  • 元本保証がない
  • 中途解約ができない
  • 予定より早めに運用期間が終了することがある

それぞれ説明しましょう。

クラウドバンクの注意点・デメリット1.元本保証がない

クラウドバンクは確かにリスク回避などで元本割れ対策を徹底していますが、それでも元本が保証されているわけではありません。

融資元本回収率は100%なので今のところ元本割れはしていませんが、これから元本割れを起こさない保証はないでしょう。

このことを踏まえた上で投資する必要があります。

クラウドバンクの注意点・デメリット2.中途解約ができない

クラウドバンクで投資する際に気をつけておきたいのが、一度ファンドに投資すると、運用期間中に途中で解約することができない点です。

運用期間中に現金が必要になったとしても引き出せないので、資金に余裕がある状態で投資するのが望ましいでしょう。

クラウドバンクの注意点・デメリット3.予定より早めに運用期間が終了することがある

クラウドバンクを初めとする不動産クラウドファンディングは、基本的にすべてのファンドに運用期間が設定されています。

しかし、クラウドバンクの場合は、その運用期間の終了を待たずに早めに運用期間を終了させることがあるのがデメリットです。

運用期間が早めに終了してしまうと、本来得られるはずだった利益が減ってしまうことになるでしょう。

逆に、他の新しいファンドに早めに投資できるので、ピンチをチャンスに変えられるという見方もできます。

クラウドバンクに会員登録する手順を紹介

クラウドバンクに会員登録する手順は、以下のとおりです。

  1. クラウドバンクの公式サイトで「無料口座開設」をクリックする
  2. メールアドレスやパスワードなどを入力して「個人の方はこちら」をクリックする
  3. 氏名・住所などを入力して約款等に同意する
  4. 各種書類、マイナンバーを登録して本人確認をおこなう
  5. 審査

本人確認をオンラインで行った場合、最短1営業日で審査が完了します。

クラウドバンクの公式サイトはこちら⇒

クラウドバンクに会員登録したあと、実際にファンドに申し込む手順を解説

クラウドバンクに会員登録した後に、実際にファンドに申し込む手順は、以下のとおりです。

  1. 用意した投資用の口座に入金する
  2. 口座に資金が移動するのを確認してクラウドバンクにログインする
  3. 投資したいファンドを確認する
  4. 好きなファンドを選んで自由に投資額を入力して申し込む

事前に入金が必要ですので、覚えておきましょう。

クラウドバンクのよくある質問に答えます

ここでは、クラウドバンクに興味をお持ちの方に向けて、よくある質問にも答えていきましょう。

クラウドバンクにキャンペーンはある?

2022年6月時点で、クラウドバンクではキャンペーンを実施していません。

ただ、今後開催される可能性もありますので、最新情報は公式サイトで確認してください。

クラウドバンクでの配当金は確定申告をしないでいい?

クラウドバンクで配当収入を得た場合、金額によっては確定申告をしなくてかまいません。

配当金は「雑所得」に分類されますが、確定申告が必要なのは、雑所得の合計が年間20万円以上になった場合のみです。

確定申告をしたくない方は、配当金が20万円未満になるように計算しておきましょう。

クラウドバンクの運営会社「日本クラウド証券株式会社」とは?

クラウドバンクは、「日本クラウド証券株式会社」が運営しています。

日本クラウド証券株式会社は、ホールディングカンパニー「クラウドバンク株式会社」の100%子会社です。

会社名

日本クラウド証券株式会社

所在地

〒106-0032
東京都港区六本木七丁目15番7号 新六本木ビル 6F

連絡先

03-6447-0011

資本金

100,000,000円

役員構成

代表取締役社長 橋村 純

取締役 内部管理統括責任者 土井 充

取締役 田中 寛

社外取締役 喜多埜 裕明

社外監査役 塩野 治夫

まとめ

クラウドバンクは平均利回りが比較的高く、少額投資もできるので、上手くすれば短期間で多くの利益を出すことができます。

ただし、運用期間が途中で終了することがある上に元本保証もないのは注意してください。

ただ、今のところ5,000近いファンドを募集しているにもかかわらず一度も元本割れを起こしていないので、信用できる不動産クラウドファンディングだと言えるでしょう。

クラウドバンクの公式サイトはこちら⇒

投資歴10年超のプロも投資中の「COZUCHI」が今アツい!

昨今、不動産投資クラウドファンディングサービスは大人気であり、50社以上の事業者が参入しています。

その中でも筆者が最もおすすめできるのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に、36億円という業界でも圧倒的な大規模ファンドを募集しました。

結果はなんと、募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きました。

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが毎月のように組成される点です。

一方で気になるのがそれだけ高い利回りで本当に大丈夫か、信頼できるのかという点でしょう。

筆者は運営会社のLAETORI株式会社の方とお会いしたことがあるのですが、専門性は申し分ないですし、何よりCOZUCHIに対する熱い思いや考えが伝わってきました。

またLAETORI株式会社は、資本金1億円、創業23年目を数える歴史がある不動産会社です。

不動産事業の実績が豊富で、実績とノウハウがあるからこそこれだけの開発プロジェクトをファンド化できているとも言えるので、安全性についても高いと言えるでしょう。

不動産クラウドファンディングに興味がある人、1万円の少額から投資を始めたい人であれば、まずはCOZUCHIは押さえておくべき投資先といえるでしょう。

無料会員登録と投資家登録には本人確認のステップがありすぐには投資できないため、条件のいいファンドへの投資機会を逃さないためにもまずは無料の会員登録・投資家登録を進めておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック⇨