「FUELオンラインファンドって実際に投資するとどんな感じになるの?」

「FUELオンラインファンドに投資したいけど、どんなメリットがあるのか知りたい!」

FUELLオンラインファンドはサービスが開始されたばかりで案件数が少なく、利回りも低いため、人によっては利用しにくいと感じるかもしれません。

しかし、そんなFUELオンラインファンドだからこそ安心して投資できるメリットがあります。

今回の記事では、FUELオンラインファンドを利用するにあたってどんなメリットやデメリットがあるのか説明しましょう。

最後まで記事を読むことで、FUELオンラインファンドのメリットやデメリットなどが分かるので、ぜひ参考にしてください。

FUELオンラインファンドの公式サイトはこちら⇒

投資歴10年超のプロも投資中の「COZUCHI」が今アツい!

昨今、不動産投資クラウドファンディングサービスは大人気であり、50社以上の事業者が参入しています。

その中でも筆者が最もおすすめできるのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に、36億円という業界でも圧倒的な大規模ファンドを募集しました。

結果はなんと、募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きました。

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが毎月のように組成される点です。

一方で気になるのがそれだけ高い利回りで本当に大丈夫か、信頼できるのかという点でしょう。

筆者は運営会社のLAETORI株式会社の方とお会いしたことがあるのですが、専門性は申し分ないですし、何よりCOZUCHIに対する熱い思いや考えが伝わってきました。

またLAETORI株式会社は、資本金1億円、創業23年目を数える歴史がある不動産会社です。

不動産事業の実績が豊富で、実績とノウハウがあるからこそこれだけの開発プロジェクトをファンド化できているとも言えるので、安全性についても高いと言えるでしょう。

不動産クラウドファンディングに興味がある人、1万円の少額から投資を始めたい人であれば、まずはCOZUCHIは押さえておくべき投資先といえるでしょう。

無料会員登録と投資家登録には本人確認のステップがありすぐには投資できないため、条件のいいファンドへの投資機会を逃さないためにもまずは無料の会員登録・投資家登録を進めておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック⇨

 

FUELオンラインファンドに関する評判・口コミを紹介

FUELオンラインファンドに関する評判や口コミは多くあるので、一部を紹介します。

不動産関連の上場企業ばかりを扱っているので、始めてみました。

やっぱり、安心して投資できるところが良いですからね。

FUELオンラインファンドは定期的に運用状況を報告してくれるのでありがたいですね。

どんな状況になっているのか知っておきたいですし、本当に大丈夫なのか不安に思っている時に報告されると安心できます。

1万円以上なら1円単位で投資できるので、再投資しやすいのが嬉しいです。

どうせ投資するならどんどん稼いでいきたいので、これからもどんどん再投資していきたいですね。

FUELオンラインファンドの過去のファンド実績は?元本割れになってしまったことはある?

2022年6月時点でのFUELオンラインファンドのファンド数は、25件です。

サービスを開始してから日が浅いのでファンド数も少ないですが、これまでに元本割れを起こしたことはありません。

安心して投資できるでしょう。

FUELオンラインファンドの公式サイトはこちら⇒

FUELオンラインファンドの不動産クラウドファンディングの3つの特徴・メリット

FUELオンラインファンドの不動産クラウドファンディングの特徴やメリットは、以下の3つです。

  • スマホで手軽に投資できる
  • 不動産関連の上場企業や有名企業に投資できる
  • 1万円以上なら1円単位で投資できる

それぞれ説明しましょう。

FUELオンラインファンドの特徴・メリット1.スマホで手軽に投資できる

FUELオンラインファンドでは、スマホから手軽に投資できる環境が整えられているのがメリットです。

投資口座からの出金やファンドの選定、投資の申込みの手続きまで、すべてFUELオンラインファンド上でできます。

他のサイトを行ったり来たりする必要性がなく、簡単に投資できるのはうれしいですね。

FUELオンラインファンドの特徴・メリット2.不動産関連の上場企業や有名企業に投資できる

投資するにあたって気になるのは、投資先の倒産リスクです。

投資先が倒産してしまうと貸し倒れになってしまうため、元本が戻らない可能性があります。

そんなリスクを抑えるために、FUELオンラインファンドでは不動産関連の上場企業、または同等の安全性を持つ有名企業の案件しか募集されていません。

その上で、FUELオンラインファンドではファンドを組成する時に、投資先の企業について厳正な審査を行っています。

どのような投資先なのか、安心して投資できる企業なのかを精査することによって、投資家が安心して投資できる体制を築いているのです。

FUELオンラインファンドの特徴・メリット3. 1万円以上なら1円単位で投資できる

FUELオンラインファンドでは、1万円からの少額投資ができます。

さらに、1万円以上であれば、1円単位で投資できるのが大きな特徴です。

最低投資金額が1万円というサービスは多いですが、1円単位で上乗せできるサービスはほとんどありません。

いきなり高額案件に手を出すより安心で、再投資がしやすいのもメリットです。

FUELオンラインファンドの公式サイトはこちら⇒

FUELオンラインファンドの不動産クラウドファンディングの3つの注意点・デメリット

FUELオンラインファンドの不動産クラウドファンディングの注意点やデメリットは、以下の3つです。

  • 元本割れするリスクがある
  • 配当遅延のリスクがある
  • 利回りが低い(2.2%~5%)

それぞれ説明しましょう。

FUELオンラインファンドの注意点・デメリット1.元本割れするリスクがある

FUELオンラインファンドはこれまで元本割れを一度も起こしたことがありませんが、元本割れを起こさない保証はありません。

投資先の企業が経営不振になる可能性がありますし、得られる賃料が少なくなることによって資金が回収できなくなる可能性は十分にあるでしょう。

FUELオンラインファンドに任せっきりにするのではなく、自分でも投資先の企業について調査する必要性があります。

FUELオンラインファンドの注意点・デメリット2.配当遅延のリスクがある

投資先の企業が資金繰りに苦しくなった場合、投資家たちに配当されるお金の遅延が発生するリスクがあります。

投資先の企業の経営状況に問題がなければ心配する必要性はありませんが、万が一、配当金が入ってくるのが遅くなったら、何らかの問題が発生していると考えて良いでしょう。

FUELオンラインファンドの注意点・デメリット3.利回りが低い(2.2%~5%)

FUELオンラインファンドの利回りは2.2%~5%、平均では3%程度と他のサービスよりも低いのがデメリットです。

もっと高い利回りを期待する投資家にとっては大きなデメリットとなりますが、利回りが低いことだけが一概にデメリットとはいえません。

利回りが高いと投資家へのリターンは大きくなりますが、その分投資先の負担が増えるので結果的に元本割れのリスクが高まる要因になってしまいます。

このことから、利回りが低いことだけをデメリットとするのか、慎重に検討した方が良いでしょう。

FUELオンラインファンドに会員登録する手順を紹介

FUELオンラインファンドに会員登録する手順は、以下のとおりです。

  1. FUELオンラインファンドにアクセスして「無料ではじめる」をクリックする
  2. メールアドレスとパスワードを入力して「入力内容を確認する」をクリックする
  3. 「登録する」をクリックする
  4. FUELからメールが届くので、本文中のURLをタップする
  5. 利用規約等を確認する
  6. 住所・氏名などを入力する
  7. 本人確認書類をアップロードする
  8. マイナンバー資料をアップロードする
  9. 審査に通過後、FUELから登録した住所に口座開設通知ハガキが届く
  10. ウエルカムレターを受領して口座開設が完了する

口座開設通知ハガキが届くまでは、数日から1週間程度かかります。

余裕を持って登録を行いましょう。

FUELオンラインファンドの公式サイトはこちら⇒

FUELオンラインファンドに会員登録したあと、実際にファンドに申し込む手順を解説

FUELオンラインファンドに会員登録した後に、実際にファンドに申し込む手順は、以下のとおりです。

  1. 投資用の口座に入金する
  2. 募集されているファンドの中から好きなファンドを選ぶ
  3. 投資額を入力して申し込む

事前に入金が必要ですので、注意しましょう。

FUELオンラインファンドの運営会社「FUEL株式会社」の会社情報

FUELオンラインファンドの会社情報は、以下のとおりです。

会社名FUEL株式会社
所在地東京都港区虎ノ門4-1-14 神谷町プラザビル3階
役員構成

代表取締役 細澤聡希

代表取締役 徳毛雄一

取締役 小川喜之

取締役CTO 恵比澤賢

取締役 伊藤貴俊

取締役 織井渉

監査役 田辺正人

まとめ

FUELオンラインファンドは、不動産関連の上場企業や有名企業が投資先になっているので、安心して投資できるのがポイントです。

これから元本割れする可能性がないとは言い切れませんが、投資リスクが抑えられています。

ただ、それでも投資先の企業について調査する必要性があるので、元本割れを回避するためにも少しでも情報を集めることが大切です。

FUELオンラインファンドの公式サイトはこちら⇒

投資歴10年超のプロも投資中の「COZUCHI」が今アツい!

昨今、不動産投資クラウドファンディングサービスは大人気であり、50社以上の事業者が参入しています。

その中でも筆者が最もおすすめできるのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に、36億円という業界でも圧倒的な大規模ファンドを募集しました。

結果はなんと、募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きました。

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが毎月のように組成される点です。

一方で気になるのがそれだけ高い利回りで本当に大丈夫か、信頼できるのかという点でしょう。

筆者は運営会社のLAETORI株式会社の方とお会いしたことがあるのですが、専門性は申し分ないですし、何よりCOZUCHIに対する熱い思いや考えが伝わってきました。

またLAETORI株式会社は、資本金1億円、創業23年目を数える歴史がある不動産会社です。

不動産事業の実績が豊富で、実績とノウハウがあるからこそこれだけの開発プロジェクトをファンド化できているとも言えるので、安全性についても高いと言えるでしょう。

不動産クラウドファンディングに興味がある人、1万円の少額から投資を始めたい人であれば、まずはCOZUCHIは押さえておくべき投資先といえるでしょう。

無料会員登録と投資家登録には本人確認のステップがありすぐには投資できないため、条件のいいファンドへの投資機会を逃さないためにもまずは無料の会員登録・投資家登録を進めておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック⇨