「Jointo αって安心して投資できるの?」

「Jointo αで投資したいけど、安心して投資できるか知りたい」

Jointo α(ジョイントアルファ)は平均的な利回りとなっているので、堅実な投資がしたい方に向いていると言えますが、どんなメリットやデメリットがあるのか知りたい方もいるのではないでしょうか。

今回の記事では、Jointo αを利用するにあたってどんなメリットや特徴があるのか、デメリットや注意点は何か説明しましょう。

最後まで記事を読むことで、Jointo αのメリットやデメリットなどが分かるので、ぜひ参考にしてください。

Jointo αの公式サイトはこちら⇒

投資歴10年超のプロも投資中の「COZUCHI」が今アツい!

昨今、不動産投資クラウドファンディングサービスは大人気であり、50社以上の事業者が参入しています。

その中でも筆者が最もおすすめできるのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に、36億円という業界でも圧倒的な大規模ファンドを募集しました。

結果はなんと、募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きました。

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが毎月のように組成される点です。

一方で気になるのがそれだけ高い利回りで本当に大丈夫か、信頼できるのかという点でしょう。

筆者は運営会社のLAETORI株式会社の方とお会いしたことがあるのですが、専門性は申し分ないですし、何よりCOZUCHIに対する熱い思いや考えが伝わってきました。

またLAETORI株式会社は、資本金1億円、創業23年目を数える歴史がある不動産会社です。

不動産事業の実績が豊富で、実績とノウハウがあるからこそこれだけの開発プロジェクトをファンド化できているとも言えるので、安全性についても高いと言えるでしょう。

不動産クラウドファンディングに興味がある人、1万円の少額から投資を始めたい人であれば、まずはCOZUCHIは押さえておくべき投資先といえるでしょう。

無料会員登録と投資家登録には本人確認のステップがありすぐには投資できないため、条件のいいファンドへの投資機会を逃さないためにもまずは無料の会員登録・投資家登録を進めておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック⇨

 

Jointo α(ジョイントアルファ)に関する評判・口コミを紹介

Jointo αに関する評判や口コミは多くあるので、一部を紹介します。

登録するだけでギフト券がもらえるのは嬉しいですね。

利回りも平均的でそんなにリスクも高くなさそうですし、これから投資を始める人には良いかもしれません。

募集案件の倍率が高いので、次の案件が出てきても投資できるかどうかは分かりません。

情報も細かいので安心して投資したいですね。

さっき分配金が入ってきました!

堅実にやってたつもりですが、なかなか良い金額だったので次の案件が待ち遠しいです。

Jointo α(ジョイントアルファ)の過去のファンド実績は?元本割れになってしまったことはある?

2022年6月時点でのJointo αのファンド数は、23件です。

サービスを開始したばかりなのでまだまだ案件数は少ないですが、これまで一度も元本割れを起こしたことはありません。

安心して投資ができますね。

Jointo αの公式サイトはこちら⇒

Jointo α(ジョイントアルファ)の不動産クラウドファンディングの3つの特徴・メリット

Jointo αの不動産クラウドファンディングの特徴やメリットは、以下の3つです。

  • ファンドの情報が細かい
  • 全国の優良物件に投資できる
  • 早期償還が行われない

それぞれ説明しましょう。

Jointo αの特徴・メリット1.ファンドの情報が細かい

不動産クラウドファンディングで投資を行うにあたって、投資先の情報は重要です。

情報源が少ない、もしくは匿名になっていると安心して投資できるか分かりません。

その点で言えば、Jointo αはファンドの情報や物件の概要、収支の想定スキームなどが事細かに設定されているので、投資するか判断する材料になります。

様々な情報を元に投資するか決められるのがポイントです。

Jointo αの特徴・メリット2.全国の優良物件に投資できる

Jointo αの運営元は全国規模の不動産業者なので、日本全国の優良物件に投資できるのがメリットです。

全国各地から集められた選りすぐりの物件ならではの、安定した収益が見込めるでしょう。

Jointo αの特徴・メリット3.早期償還が行われない

不動産クラウドファンディングでは、物件が早期に売却されてしまったことによって早期償還となってしまうケースがあります。

早期償還になってしまうと本来予定していた運用期間が途中で止まってしまうため、得られる配当金も少なくなってしまいます。

しかし、Jointo αでは売却益ではなく賃貸収入のみで利益を出す仕組みになっているので、早期償還を起こすことがありません。

Jointo αの公式サイトはこちら⇒

Jointo α(ジョイントアルファ)の不動産クラウドファンディングの3つの注意点・デメリット

Jointo αの不動産クラウドファンディングの注意点やデメリットは、以下の3つです。

  • 最低投資金額は10万円から
  • ファンドの募集頻度が低い
  • ファンドの倍率が高い

それぞれ説明しましょう。

Jointo αの注意点・デメリット1.最低投資金額は10万円から

Jointo αのデメリットは、最低投資金額が10万円からと高い点です。

最低投資金額は10万円から、投資単位も10万円となっています。

得られる配当金もそれだけ多くなりますが、少額ずつ投資したい方や初心者の方にはハードルが高いかもしれません。

Jointo αの注意点・デメリット2.ファンドの募集頻度が低い

Jointo αは2019年にサービスを開始して、2022年6月時点で23件しかファンドがなく、募集頻度が低いという問題があります。

募集頻度が低いということは、それだけ収益が得られるチャンスが少なくなるということですし、他の不動産クラウドファンディングに切り替える選択肢が出てくるでしょう。

Jointo αの注意点・デメリット3.ファンドの倍率が高い

Jointo αに登録して投資するつもりなのであれば、ファンドの倍率の高さにも注意しましょう。

ただでさえファンドの募集頻度が低い上に選りすぐりの優良物件が募集されるとなると、募集開始から数分で募集が終了してしまう可能性が非常に高いでしょう。

Jointo αを逐一チェックして、募集が開始されていないか確認する必要性があります。

Jointo α(ジョイントアルファ)に会員登録する手順を紹介

Jointo αに会員登録する手順は、以下のとおりです。

  1. Jointo αにアクセスして「無料会員登録はこちら」をクリックする
  2. メールアドレスとパスワードを入力して、規約に同意する
  3. 入力したメールアドレスに届いた認証メールのURLをクリックする
  4. 必要事項の入力と、本人確認資料・口座情報の資料のアップロードをおこなう
  5. 審査に通過後、Jointo αから登録した住所にハガキが届く
  6. ハガキに記載されている本人確認コード入力して、口座開設が完了

スマホで会員登録をする場合は、e-KYC(オンライン本人確認)も利用できます。

e-KYCの場合は、本人確認コードがメールで送られてくるため、ハガキの受け取りは必要ありません。

Jointo αの公式サイトはこちら⇒

Jointo α(ジョイントアルファ)に会員登録したあと、実際にファンドに申し込む手順は?入金はいつ?

Jointo αに会員登録した後に、実際にファンドに申し込む手順は、以下のとおりです。

  1. 投資したいファンドを選ぶ
  2. メールで連絡される取引専用口座に出資金を振り込む
  3. 募集期間終了後に、募集の成立結果がメールで伝えられる

となっています。

事前の入金は必要ありませんが、募集が必ず成立するとは限らない点は注意しましょう。

Jointo α(ジョイントアルファ)のキャンペーン情報

2022年6月時点で、Jointo αではキャンペーンを実施しています。

  • 内容:新規会員登録でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
  • 期間:2022年4月21日~2022年6月30日

Jointo αをお得に始めるチャンスですので、興味のある方はこの機会に登録してみてはいかがでしょうか。

もちろん、会員登録は無料です。

Jointo α(ジョイントアルファ)の運営会社「穴吹興産株式会社」の会社情報

Jointo αの会社情報は、以下のとおりです。

会社名

穴吹興産株式会社(ANABUKI KOSAN INC.)

設立日

1964年5月25日

所在地

香川県高松市鍛冶屋町7-12

連絡先

087-822-3567

資本金

7億5,500万円

役員構成

代表取締役 穴吹 忠嗣

専務取締役 冨岡 徹也

常務取締役 柴田 登

取締役 堀井 茂(社外取締役)

取締役 新宮 章弘

取締役 大谷 佳久

取締役 近藤 陽介

常勤監査役 横田 賢二(社外監査役)

監査役 勝丸(石川)千晶(社外監査役)

監査役 服部 明人(社外監査役)

執行役員 平田 康一

執行役員 藤明 周二

執行役員 石井 数広

執行役員 松本 伸也

執行役員 植田 栄正

執行役員 新田 守

執行役員 中道 康司

執行役員 鵜野 喜充

執行役員 西谷 忠憲

執行役員 香川 昌章

執行役員 大森 克

まとめ

Jointo αの案件は、全国から選りすぐった優良物件ばかりなので安心して投資できるでしょう。

早期償還が行われず、運用期間が終了するまで配当を受け続けられるので、高い倍率を乗り越えて投資できればあとは安心です。

現状、募集頻度が低いので、新しい案件が募集されるまで定期的にチェックしましょう。

Jointo αの公式サイトはこちら⇒

投資歴10年超のプロも投資中の「COZUCHI」が今アツい!

昨今、不動産投資クラウドファンディングサービスは大人気であり、50社以上の事業者が参入しています。

その中でも筆者が最もおすすめできるのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に、36億円という業界でも圧倒的な大規模ファンドを募集しました。

結果はなんと、募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きました。

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが毎月のように組成される点です。

一方で気になるのがそれだけ高い利回りで本当に大丈夫か、信頼できるのかという点でしょう。

筆者は運営会社のLAETORI株式会社の方とお会いしたことがあるのですが、専門性は申し分ないですし、何よりCOZUCHIに対する熱い思いや考えが伝わってきました。

またLAETORI株式会社は、資本金1億円、創業23年目を数える歴史がある不動産会社です。

不動産事業の実績が豊富で、実績とノウハウがあるからこそこれだけの開発プロジェクトをファンド化できているとも言えるので、安全性についても高いと言えるでしょう。

不動産クラウドファンディングに興味がある人、1万円の少額から投資を始めたい人であれば、まずはCOZUCHIは押さえておくべき投資先といえるでしょう。

無料会員登録と投資家登録には本人確認のステップがありすぐには投資できないため、条件のいいファンドへの投資機会を逃さないためにもまずは無料の会員登録・投資家登録を進めておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック⇨