「レンデックスって本当に元本割れしたことがないの?」

「利回りは高いけれど投資するのは心配…」

レンデックス(LENDEX)は高い利回りが大変魅力的ではありますが、どんなリスクがあるか分からないので利用に踏み切れない方もいるのではないでしょうか。

今回の記事では、レンデックスを利用するにあたってどんなリスクがあるのか、特徴やメリットは何か説明します。

最後まで読むと、リスクを踏まえた上で運用する価値があることが分かるので、ぜひ参考にしてください。

レンデックスの公式サイトはこちら⇒

投資歴10年超のプロも投資中の「COZUCHI」が今アツい!

昨今、不動産投資クラウドファンディングサービスは大人気であり、50社以上の事業者が参入しています。

その中でも筆者が最もおすすめできるのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に、36億円という業界でも圧倒的な大規模ファンドを募集しました。

結果はなんと、募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きました。

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが毎月のように組成される点です。

一方で気になるのがそれだけ高い利回りで本当に大丈夫か、信頼できるのかという点でしょう。

筆者は運営会社のLAETORI株式会社の方とお会いしたことがあるのですが、専門性は申し分ないですし、何よりCOZUCHIに対する熱い思いや考えが伝わってきました。

またLAETORI株式会社は、資本金1億円、創業23年目を数える歴史がある不動産会社です。

不動産事業の実績が豊富で、実績とノウハウがあるからこそこれだけの開発プロジェクトをファンド化できているとも言えるので、安全性についても高いと言えるでしょう。

不動産クラウドファンディングに興味がある人、1万円の少額から投資を始めたい人であれば、まずはCOZUCHIは押さえておくべき投資先といえるでしょう。

無料会員登録と投資家登録には本人確認のステップがありすぐには投資できないため、条件のいいファンドへの投資機会を逃さないためにもまずは無料の会員登録・投資家登録を進めておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック⇨

 

レンデックスは危ない?評判・口コミを掲示板などから紹介

レンデックスに関する評判や口コミは多くあるので、一部を紹介します。

レンデックスに数十万ほど投資してみました。

初めての投資でいろいろと心配でしたが、無事に利回りどおりの結果になりました。

安心して投資できるところだと思います。

高い利回りのおかげで大きな収益が得られました。

超短期投資なので再投資するのが面倒ですが、ガンガン回していきます。

早く次の案件が来ないか待ち遠しくなっています。

今や欠かせない投資方法のひとつになっているので、まさにレンデックス様々ですよ。

レンデックスの過去のファンド実績は?貸し倒れになってしまったことはある?

2022年5月時点でのレンデックスのファンド数は、689件です。

これだけのファンドを組成していながら、過去に貸し倒れを起こしたことがありません。

レンデックスは高利回りなので貸し倒れリスクを心配する方も多いと思いますが、しっかり対策しているので安心して投資できると言えるでしょう。

レンデックスの公式サイトはこちら⇒

レンデックスの不動産クラウドファンディングの3つの特徴・メリット

レンデックスの不動産クラウドファンディングの特徴やメリットは、以下の3つです。

  • 利回りが高い(6%~13%)
  • 1年間の短期投資で貸し倒れリスクを軽減
  • 2万円からの小口投資

それでは、以上の特徴・メリットについて説明しましょう。

レンデックスの特徴・メリット1.利回りが高い(6%~13%)

レンデックスで取り扱っている案件の利回りは6%~13%となっており、平均よりも大きな配当金が期待できるのがポイントです。

高い利回りには相応のリスクが伴うとはいえ、今まで一度も貸し倒れしたことがないので安心して投資できるのではないでしょうか。

レンデックスの特徴・メリット2. 1年間の短期投資で貸し倒れリスクを軽減

レンデックスでは高い利回りに伴う貸し倒れなどのリスク対策として、多くの案件で1年間の短期投資を行っています。

また、毎月分配金が配当されるのでさらにリスクが軽減されるのもポイントです。

レンデックスの特徴・メリット3. 2万円からの小口投資

レンデックスでは、最低2万円からの小口投資ができるようになっています。

もちろん、案件によっては2万円以上の投資が必要になることもありますが、最低2万円からであれば初心者でも投資しやすいですね。

レンデックスの公式サイトはこちら⇒

レンデックスの不動産クラウドファンディングの3つの注意点・デメリット

レンデックスの不動産クラウドファンディングの注意点やデメリットは、以下の2つです。

  • 運営規模が小さい
  • 貸し倒れリスクがないわけではない
  • 希望のファンドに投資できない可能性がある

それでは、それぞれ説明しましょう。

レンデックスの注意点・デメリット1.運営規模が小さい

レンデックスを運営している「株式会社LENDEX」は、従業員8名(役員含む)の会社です。

高い利回りの案件を出し続けて実績を上げているとはいえ、運営規模はまだまだ小さいと言わざるを得ません。

大手と比べると、信頼するには今ひとつと判断する方もいるでしょう。

しかし、現時点で一度も貸し倒れを起こしていないため、実績は申し分ありません。

レンデックスの注意点・デメリット2.貸し倒れリスクがないわけではない

レンデックスは、これまで貸し倒れを起こしたことがなく、1年間の短期投資などの方法でリスクを軽減しています。

しかし、それでも貸し倒れのリスクはゼロではありません。

案件の多くに担保が設定されているとはいえ、それでも想定外のトラブルによって不動産価値が大きく下がる可能性があることも覚えておきましょう。

レンデックスの注意点・デメリット3.希望のファンドに投資できない可能性がある

レンデックスのファンドへの応募は、先着順です。

また、ファンドの規模は1,000万円~5,000万円程度が多く、少ないものでは600万円というものもあります。

応募できる人数が限られてくるため、クリック合戦になってしまって希望のファンドを買えないこともあるでしょう。

レンデックスに会員する登録する手順を紹介

レンデックスに会員登録する手順は、以下のとおりです。

  1. レンデックスの公式サイトで「口座開設」をクリックする
  2. 規約と同意事項をダウンロードして確認する
  3. 「上記規約に同意の上、投資家申請を行う」をクリックする
  4. メールアドレスなどを入力する
  5. 入力したメールアドレス宛に届いたURLをクリックする
  6. マイページにログインして本人確認を行う

本人確認は

  • スマホでの本人確認(eKYC)
  • 郵送での本人確認

から選べます。

スマホなら最短1営業日、郵送では2~5営業日で登録完了です。

レンデックスの公式サイトはこちら⇒

レンデックスに会員登録したあと、実際にファンドに申し込む手順を解説

レンデックスに会員登録した後に、実際にファンドに申し込む手順は

  1. 投資用の口座に入金する
  2. 投資したいファンドに申し込む

となっています。

あらかじめ入金が必要ですが、振り込みは登録した口座からでなくても構いません。

レンデックスのよくある質問に答えます

レンデックスに興味をお持ちの方に向けて、よくある質問にも答えていきましょう。

レンデックスにキャンペーンはある?

2022年5月時点で、レンデックスでキャンペーンは行われていません。

ただし、今後開催される可能性もありますので、最新情報は公式サイトからチェックしてください。

レンデックスで確定申告は必要?

レンデックスで配当収入を得た場合、金額によっては確定申告が必要です。

配当金は「雑所得」に分類されますが、雑所得の合計が年間20万円以上になった場合は、会社員の方でも確定申告を行ってください。

レンデックスを退会・解約する方法は?

レンデックスを退会・解約する情報は、公式サイトに記載されていません。

公式サイトに記載のメールアドレスまたは電話番号から、直接問い合わせてみてください。

レンデックスの運営会社「株式会社LENDEX」の会社情報

レンデックスは、「株式会社LENDEX」が運営しています。

会社概要は下記のとおりです。

会社名

株式会社LENDEX

設立日

2000年8月1日

所在地

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2丁目1番11号
郁文堂青山通りビル5階

連絡先

03-6452-6922

資本金

194,500,000円

従業員

8名(役員を含む)

事業内容

ソーシャルレンディング事業

役員構成

代表取締役 深澤 克己

取締役 見田 元

取締役 柴田 健三郎

取引銀行

PayPay銀行

きらぼし銀行

みずほ銀行

株式会社LENDEXの決算は?

株式会社LENDEXは、2022年4月28日に12月期決算を発表しました。

純損失として1億1,338万円を計上していますが、ソーシャルレンディング事業では貸付金が17億円以上アップの50億7,149万円です。

赤字の原因は「レンスポ」「株式会社LENDEX LOAN」の立ち上げ

株式会社LENDEXでは、「レンスポ」というスポーツを応援するクラウドファンディングサービスを立ち上げました。

また、融資専門の子会社「株式会社LENDEX LOAN」も設立しています。

赤字の原因は、それらのサイト制作費、人件費、広告費などに巨額の支出があったためとの説明です。

ソーシャルレンディング事業は順調に拡大していますので、業績に関する心配は不要でしょう。

まとめ

レンデックスでは、6%~13%の高い利回りの投資ができます。

また、最低投資金額が2万円なので、初心者でも高い利回りの恩恵を受けられるのが魅力です。

ただ、貸し倒れのリスクがないわけではありませんし、運営規模が小さいことを心配する方もいるでしょう。

他の不動産投資クラウドファンディングと比較して、本当に自分に合っているか確認することが大切ですよ。

レンデックスの公式サイトはこちら⇒

投資歴10年超のプロも投資中の「COZUCHI」が今アツい!

昨今、不動産投資クラウドファンディングサービスは大人気であり、50社以上の事業者が参入しています。

その中でも筆者が最もおすすめできるのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に、36億円という業界でも圧倒的な大規模ファンドを募集しました。

結果はなんと、募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きました。

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが毎月のように組成される点です。

一方で気になるのがそれだけ高い利回りで本当に大丈夫か、信頼できるのかという点でしょう。

筆者は運営会社のLAETORI株式会社の方とお会いしたことがあるのですが、専門性は申し分ないですし、何よりCOZUCHIに対する熱い思いや考えが伝わってきました。

またLAETORI株式会社は、資本金1億円、創業23年目を数える歴史がある不動産会社です。

不動産事業の実績が豊富で、実績とノウハウがあるからこそこれだけの開発プロジェクトをファンド化できているとも言えるので、安全性についても高いと言えるでしょう。

不動産クラウドファンディングに興味がある人、1万円の少額から投資を始めたい人であれば、まずはCOZUCHIは押さえておくべき投資先といえるでしょう。

無料会員登録と投資家登録には本人確認のステップがありすぐには投資できないため、条件のいいファンドへの投資機会を逃さないためにもまずは無料の会員登録・投資家登録を進めておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック⇨