「不動産投資を始めたい」

「不動産投資型クラウドファンディングには、どんなメリットがあるの?」

など、不動産投資型クラウドファンディングに興味がある人は、多いのではないでしょうか。

いま、資産運用の一つとして、不動産クラウドファンディングは注目が集まっています。

一般的に、不動産投資は多額の資金や手間が必要となるため、はじめるにはハードルが高いと感じることでしょう。

しかし、不動産投資型クラウドファンディングでは、投資家が資金を共同出資し、運営会社が購入から管理までおこないます。

そのため、投資家は手間をかけずに、少額投資が可能です。

10万円から運用可能な、不動産投資型クラウドファンディング「トモタク」について、ご紹介します。

この記事では、トモタクの7つの特徴や口コミから、投資する際の注意点まで、詳しく解説しています。

興味がある人は、ぜひ参考にしてください。

トモタクの公式サイトはこちら⇒

投資歴10年超のプロも投資中の「COZUCHI」が今アツい!

昨今、不動産投資クラウドファンディングサービスは大人気であり、50社以上の事業者が参入しています。

その中でも筆者が最もおすすめできるのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に、36億円という業界でも圧倒的な大規模ファンドを募集しました。

結果はなんと、募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きました。

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが毎月のように組成される点です。

一方で気になるのがそれだけ高い利回りで本当に大丈夫か、信頼できるのかという点でしょう。

筆者は運営会社のLAETORI株式会社の方とお会いしたことがあるのですが、専門性は申し分ないですし、何よりCOZUCHIに対する熱い思いや考えが伝わってきました。

またLAETORI株式会社は、資本金1億円、創業23年目を数える歴史がある不動産会社です。

不動産事業の実績が豊富で、実績とノウハウがあるからこそこれだけの開発プロジェクトをファンド化できているとも言えるので、安全性についても高いと言えるでしょう。

不動産クラウドファンディングに興味がある人、1万円の少額から投資を始めたい人であれば、まずはCOZUCHIは押さえておくべき投資先といえるでしょう。

無料会員登録と投資家登録には本人確認のステップがありすぐには投資できないため、条件のいいファンドへの投資機会を逃さないためにもまずは無料の会員登録・投資家登録を進めておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック⇨

 

トモタクに関する評判・口コミを紹介

トモタクは、平均利回りが6.3%の不動産投資型クラウドファンディングです。

10万円からはじめられ、リピート率がなんと9割を超えています。

実際に利用している投資家たちの評判は、どうなのでしょうか。

ここでは、気になる口コミをまとめてみました。

トモタクの良い評判・口コミ

まず、トモタクの良い評判・口コミを紹介します。

利回りが7%と高いので、投資してよかったと思います。

ボーナスが入ったら、今後も応募したいです。

トモタクは手間をかけずに、分配金を受け取れるのが嬉しいです。

トモタクのキャンペーンに当選しました。

人形町今半のすき焼きセットが当たったのでラッキーです。

SNS上では、トモタクの「利回りが高いこと」「分配金が受け取れること」「キャンペーンが定期的におこなわれていること」が評価されていました。

トモタクの悪い評判・口コミ

次に、トモタクの悪い評判・口コミを紹介します。

トモタクの最低投資金額は10万円なので、ちょっと高く感じました。

数万円から運用できるなら始めやすいと思います。

案件の募集から、完売までのペースがとても早かったです。

気になる案件に投資できなかったのが残念でした。

トモタクのネガティブな意見としては、「最低投資金額が10万円であること」「完売までのペースが早いこと」があげられました。

トモタクの公式サイトはこちら⇒

トモタクの7つの特徴を一挙解説!

トモタクの7つの特徴をまとめてみました。

気になるトモタクの案件実績をみていきましょう。

トモタクの特徴

トモタクは、10万円からはじめられて、関東圏のアクセスが良い物件に、高利回りで投資できるサービスです。

少額から手堅く資産運用できるよう、「ローリスク・ミドルリターン」を目指しています。

トモタクでは、サブリース契約を締結しているため、空室でも家賃保証がなされ、空室時の無配当リスクを抑えています。

すべてスマホで完結し、手堅い運用が可能であることから、今後さらに需要は高まることでしょう。

トモタクの募集頻度

トモタクの募集頻度は、不定期ですが、平均すると月1件ペースで、募集がおこなわれております。(2022年4月時点)

なかには、1ヵ月に2件の募集があった時期も確認できました。

また、募集される案件の利回りはもちろんのこと、運用期間も大きく異なります。

申し込みの際には、それぞれの案件の詳細を確認し、投資先を決めましょう。

トモタクの過去の募集件数

トモタクは、2020年11月の運用スタートから、合計13件がありました。

そして、過去の案件はほとんどが完売しており、人気が高いといえるでしょう。

また、近日中に新たな案件の情報を公開予定だそうです。

申し込みのチャンスを逃さないためにも、あらかじめ会員登録をしておくとよいでしょう。

トモタクの最低投資額と優先劣後比率

トモタクの最低投資金額は、1口10万円です。

10万円スタートということで、比較的はじめやすい金額設定といえるでしょう。

また、トモタクには優先劣後システムが導入されており、優先出資者である投資家の元本の安全性を高めています。

トモタクの案件はすべて優先出資90%、劣後出資10%の仕組みです。

そのため、万が一、投資先の不動産の評価額が下落した場合でも、10%までであれば投資家の元本には影響はありません。

投資家にとって、出資元本の安全性が高いサービスといえるでしょう。

トモタクの直近の平均募集額

トモタクの、直近5件の平均募集額は3,744万円でした。(2022年4月時点)

案件によって募集金額は大きく異なります。

1,440万円の案件から、高いものでは9,000万円のものまでありました。

そして、5件の案件はすべて完売しており、おそらく競争倍率は高いことでしょう。

トモタクの直近の募集達成率

トモタクの直近5件の募集達成率は、100%でした。

5件すべての案件が完売しており、人気が高いといえます。

利回りの高い案件は、クリック合戦になることもあるでしょう。

トモタクの平均運用期間

トモタクの平均運用期間は、9.2カ月です。

1番短いもので4カ月、長いもので1年の案件があります。

基本的には1年の案件が多いようですが、4カ月や6カ月といった案件も募集がありました。

トモタクの公式サイトはこちら⇒

トモタクに投資する前に!リスク・デメリットについても解説

トモタクは、利回りが5%~10%と、高めの案件に簡単に投資できる魅力的なサービスです。

しかし、トモタクも資産運用であるため、リスクや注意点はあります。

ここでは、トモタクのリスクやデメリットを確認しておきましょう。

  • 最低投資金額が10万円と高めである
  • 案件の募集から完売までのペースが速い

トモタクの注意点・デメリット1.最低投資金額が10万円と高めである

トモタクの最低投資金額は10万円です。

他社では、1万円からといったサービスも多いため、高く感じる人もいることでしょう。

トモタクでは10万円以上のまとまった資金は必要となりますが、平均利回りが6.3%と高めというメリットもあります。

気になる人は、ボーナスや預金から資金を準備し、応募してみましょう。

トモタクの注意点・デメリット2.案件の募集から完売までのペースが速い

トモタクは案件の募集から完売までのペースが非常に速いです。

利回りの高い案件が多いため、人気が殺到し、クリック合戦になることもめずらしくありません。

気になる案件にすぐ応募できるよう、定期的に案件チェックをおこない、あらかじめ会員登録を済ませておくことが大切です。

トモタクの会員登録の方法をステップでわかりやすく解説

トモタクは、パソコンやスマホで簡単に会員登録をおこなうことができます。

会員登録は以下の通りです。

  1. 公式サイトで仮登録(メールアドレス入力)
  2. 確認メールをクリックし、会員登録(名前やパスワードを入力)
  3. 投資家登録・本人確認
  4. 登録完了

なお、トモタクでは、本人確認書類「マイナンバー(顔写真付き)」を推奨しています。

マイナンバーカードがない人は、運転免許証・健康保険証・住民基本台帳カード・運転経歴証明書のいずれかを準備しましょう。

また、本人確認が完了するまでには、数分から最大24時間かかります。

ファンドの募集前にあらかじめ本人確認を済ませておくと、手続きがスムーズでしょう。

トモタクの公式サイトはこちら⇒

トモタクの運営会社は信頼できる?会社情報から信頼性や安定性を紹介

トモタクは、株式会社イーダブルジーによって運営されています。

株式投資イーダブルジーは、首都圏を中心に、区分マンションや一棟レジデンス、戸建て、土地など、さまざまな不動産の売買・仲介・賃貸をおこなっています。

独自の販売戦略スキームにより、スピーディーな取引をおこなう不動産会社です。

株式会社イーダブルジーの会社概要

株式会社イーダブルジーの詳細情報は以下の通りです。

社名

株式会社イーダブルジー

代表取締役

田中克尚

住所

〒106-0032
東京都港区六本木7-4-1 スマイリービル6F・7F

電話番号

03-6384-5584 (不動産ファンド事業部)

資本金

1億円

登録免許

宅地建物取引業 東京都知事(3)第93945号

不動産特定共同事業 許可番号 東京都知事第133号

賃貸住宅管理業 国土交通大臣(2)第2381号

所属協会

公益社団法人 全日本不動産協会

公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会

事業内容

不動産事業(売買・仲介・賃貸管理)

不動産コンサルティング業

不動産特定共同事業

損害保険代理業

まとめ

トモタクは、10万円から平均利回り6.3%の不動産に投資できるサービスです。

利回りが高く、顧客満足度も高いサービスであり、応募が殺到し、基本的にどの案件も完売しています。

トモタクはリピート率も9割以上と非常に高いため、今後ますます人気は高まることでしょう。

そのため、クリック合戦になることも想定されます。

検討している人は、あらかじめ会員登録をおこない、定期的に案件をチェックしておきましょう。

トモタクの公式サイトはこちら⇒

投資歴10年超のプロも投資中の「COZUCHI」が今アツい!

昨今、不動産投資クラウドファンディングサービスは大人気であり、50社以上の事業者が参入しています。

その中でも筆者が最もおすすめできるのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に、36億円という業界でも圧倒的な大規模ファンドを募集しました。

結果はなんと、募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きました。

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが毎月のように組成される点です。

一方で気になるのがそれだけ高い利回りで本当に大丈夫か、信頼できるのかという点でしょう。

筆者は運営会社のLAETORI株式会社の方とお会いしたことがあるのですが、専門性は申し分ないですし、何よりCOZUCHIに対する熱い思いや考えが伝わってきました。

またLAETORI株式会社は、資本金1億円、創業23年目を数える歴史がある不動産会社です。

不動産事業の実績が豊富で、実績とノウハウがあるからこそこれだけの開発プロジェクトをファンド化できているとも言えるので、安全性についても高いと言えるでしょう。

不動産クラウドファンディングに興味がある人、1万円の少額から投資を始めたい人であれば、まずはCOZUCHIは押さえておくべき投資先といえるでしょう。

無料会員登録と投資家登録には本人確認のステップがありすぐには投資できないため、条件のいいファンドへの投資機会を逃さないためにもまずは無料の会員登録・投資家登録を進めておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック⇨