「預金よりも投資に資金を回したい」

「不動産投資をはじめてみたい」

など、資産運用の一環として不動産投資に関心がある人も、多いのではないでしょうか。

しかし、多額の資金が必要なうえに、手間もかかる不動産投資は、初心者がはじめるのはなかなか難しいのが現実です。

最近では、不動産投資の一つとして、不動産投資型クラウドファンディングが注目されています。

不動産投資型クラウドファンディングは、スマホで簡単に、少額から不動産に投資できるため、サラリーマンでも気軽にはじめやすいのが特徴です。

ここ数年で、さまざまな不動産会社が参入しており、今後普及率が高まっていくことでしょう。

今回は、1口1万円からはじめられる、不動産投資型クラウドファンディング「トーセイ不動産クラウド」について、ご紹介します。

この記事では、トーセイ不動産クラウドの特徴や口コミ、投資する際の注意点まで、解説しています。

興味がある人は、ぜひ最後までご確認ください。

トーセイ不動産クラウドの公式サイトはこちら⇒

投資歴10年超のプロも投資中の「COZUCHI」が今アツい!

昨今、不動産投資クラウドファンディングサービスは大人気であり、50社以上の事業者が参入しています。

その中でも筆者が最もおすすめできるのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に、36億円という業界でも圧倒的な大規模ファンドを募集しました。

結果はなんと、募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きました。

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが毎月のように組成される点です。

一方で気になるのがそれだけ高い利回りで本当に大丈夫か、信頼できるのかという点でしょう。

筆者は運営会社のLAETORI株式会社の方とお会いしたことがあるのですが、専門性は申し分ないですし、何よりCOZUCHIに対する熱い思いや考えが伝わってきました。

またLAETORI株式会社は、資本金1億円、創業23年目を数える歴史がある不動産会社です。

不動産事業の実績が豊富で、実績とノウハウがあるからこそこれだけの開発プロジェクトをファンド化できているとも言えるので、安全性についても高いと言えるでしょう。

不動産クラウドファンディングに興味がある人、1万円の少額から投資を始めたい人であれば、まずはCOZUCHIは押さえておくべき投資先といえるでしょう。

無料会員登録と投資家登録には本人確認のステップがありすぐには投資できないため、条件のいいファンドへの投資機会を逃さないためにもまずは無料の会員登録・投資家登録を進めておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック⇨

 

トーセイ不動産クラウドに関する評判・口コミを紹介

トーセイ不動産クラウドの投資家たちは、どう評価しているのでしょうか。

SNSから、投資家たちの気になる口コミをまとめてみました。

トーセイ不動産クラウドの良い評判・口コミ

まず、トーセイ不動産クラウドの良い評判・口コミを紹介します。

トーセイ不動産クラウドの第2号案件の分配率は、5.22%と高いので投資したいです。

運用開始が楽しみです。

トーセイ不動産クラウドは募集総額も多いので、抽選で落ちることもなさそうなのでよかったです。

1万円から投資できるので、スタートしやすいのがよかったです。

初めてのクラファンでしたが勇気を出して投資してみました。

SNS上では、トーセイ不動産クラウドの「利回りの高さ」「募集総額が多いこと」「少額からスタートできること」が高く評価されていました。

トーセイ不動産クラウドの悪い評判・口コミ

次に、トーセイ不動産クラウドの悪い評判・口コミを紹介します。

トーセイ不動産クラウドは途中解約できないのが、少し心配。

お金が必要になった時のことを考えて少額で投資しようと思います。

運用だから当たり前のことですが、分配金も変動があるのがデメリットだと感じます。

トーセイ不動産クラウドのネガティブな意見としては、「途中解約できないこと」「分配金にも変動があること」があげられました。

資産運用であるため、分配金や売却益の変動がありますが、現在のところ安定して分配金が出されているようです。

トーセイ不動産クラウドの公式サイトはこちら⇒

トーセイ不動産クラウドの7つの特徴を一挙解説!

トーセイ不動産クラウドのサービスには、どのような特徴があるのでしょうか。

ここでは、7つの特徴について、ご紹介します。

トーセイ不動産クラウドの特徴

トーセイ不動産クラウドは、創業70年以上の老舗企業による不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

運営会社であるトーセイ株式会社では、長年にわたり不動産の運用・管理・売却を主力事業とし、オフィスビルから賃貸マンション、戸建住宅など幅広く取り扱っています。

首都圏を中心とし、中小不動産の運用に強みを持ったサービスです。

関東圏の物件に5%以上の利回りで投資できます。

トーセイ不動産クラウドの募集頻度

トーセイ不動産クラウドの募集頻度は、不定期でありますが、今までに3件の募集がありました。(2022年4月時点)

1年に1~2件の案件が募集されているようです。

現在、公式ホームページでは、新たに「TREC4号」の募集準備中であることが確認できました。

トーセイ不動産クラウドの過去の募集件数

トーセイ不動産クラウドは2020年にスタートし、過去3件の募集がおこなわれました。(2022年4月時点)

まだまだ新しい不動産投資型クラウドファンディングであるため、今後の案件が気になるところです。

トーセイ不動産クラウドの最低投資額と優先劣後比率

トーセイ不動産クラウドの最低投資金額は1万円です。

過去の案件のうち、2つが1口1万円から投資でき、1つは10万円から投資可能でした。

また、トーセイ不動産クラウドはSPC(特例事業者)であり、優先劣後システムを取り入れ、投資家の資産を守る仕組みを導入しています。

優先劣後システムとは、不動産評価額が下がった場合でも、一定割合まではトーセイ不動産クラウドが保証し、投資家の元本を守るシステムのことです。

なお、優先劣後割合は案件によって、異なります。

案件の申込前に、優先劣後割合を確認するようにしましょう。

トーセイ不動産クラウドの直近の平均募集額

トーセイ不動産クラウドの、現在募集されている案件の平均募集額は、1億7,760万円でした。(2022年4月時点)

すべての案件が1億円以上の募集をおこなっており、大規模であることがわかります。

そのため、すぐに投資上限に達するということは少なく、希望の案件に当選する確率は高いでしょう。

トーセイ不動産クラウドの直近の募集達成率

現在募集中案件の募集達成率は、100%です。

トーセイ不動産クラウドは5%以上の利回りが予定されており、人気が集まっています。

トーセイ不動産クラウドの平均運用期間

トーセイ不動産クラウドの平均運用期間は34カ月です。

運用期間が3年の案件が多く、比較的長いのが特徴といえます。

トーセイ不動産クラウドの公式サイトはこちら⇒

トーセイ不動産クラウドに投資する前に!リスク・デメリットについても解説

トーセイ不動産クラウドは、首都圏の高利回りの案件に投資でき、魅力的なサービスですが、注意点はあるのでしょうか。

納得したうえで投資をスタートするためにも、トーセイ不動産クラウドのリスク・デメリットもおさえておきましょう。

  • 分配金が毎回一定額とは限らない
  • 運用途中の解約ができない

トーセイ不動産クラウドの注意点・デメリット1.分配金が毎回一定額とは限らない

トーセイ不動産クラウドに限ったことではありませんが、運用であるため、分配金が毎回一定額というわけではありません。

不動産の入居者の減少、家賃の減額がおこなわれた際には、分配金が少なくなります。

反対に、売却益があるなどプラスの状況になれば、分配金が増えることもあります。

トーセイ不動産クラウドの注意点・デメリット2.運用途中の解約ができない

トーセイ不動産クラウドは運用途中の解約はできません。

他社サービスでは、途中解約ができるケースもあるため、デメリットに感じる人もいることでしょう。

急に資金が必要になった時に備え、使い道のない資金で少額からスタートするのもひとつです。

トーセイ不動産クラウドの会員登録の方法をステップでわかりやすく解説

トーセイ不動産クラウドは、パソコンやスマホで簡単に会員登録をおこなうことができます。

会員登録は以下の手順です。

  1. 公式サイトにて仮申し込み(メールアドレス・パスワード・秘密の質問を入力・設定)
  2. 仮登録完了メールのURLから、必要事項を入力
  3. 本会員登録(投資家情報を入力)
  4. 本人確認書類の提出
  5. 会員登録完了

本人確認書類の提出は、スマホやパソコンのカメラで撮影し、オンライン本人確認をおこなうか、本人確認書類の画像データを提出する方法か、選択することができます。

本人確認書類の画像データを提出する場合、転送不要郵便のハガキで、本人確認コードを郵送するため、1週間程度時間がかかります。

トーセイ不動産クラウドの公式サイトはこちら⇒

トーセイ不動産クラウドの運営会社は信頼できる?会社情報から信頼性や安定性を紹介

トーセイ不動産クラウドはトーセイ株式会社によって運営されています。

トーセイグループでは、不動産再生、ファンド・コンサルティング、開発、賃貸、ホテル、管理の6つの事業を展開しており、安定的な収益を生み出しています。

幅広い6つの事業の総合力を活かし、人々のライフスタイルや不動産市況の変化に対応している会社です。

トーセイ株式会社の会社概要

トーセイ株式会社の詳細情報は以下の通りです。

社名

トーセイ株式会社

代表取締役

山口 誠一郎

住所

東京都港区芝浦四丁目5番4号

電話番号

03-5439-8870

設立

昭和25年2月2日

資本金

6,624,890千円

登録免許

宅地建物取引業

特定建設業

一級建築士事務所

第二種金融商品取引業

投資助言・代理業

一般不動産投資顧問業

不動産特定共同事業

事業内容

不動産再生事業

不動産開発事業

不動産賃貸事業

不動産ファンド・コンサルティング事業

不動産管理事業

ホテル事業

まとめ

トーセイ不動産クラウドは首都圏の収益物件に、比較的高利回りで投資できる不動産投資型クラウドサービスです。

老舗不動産企業が運営し、開発から運営までトータルサポートしているため、安心できるでしょう。

また、募集規模が1億円以上と大きいことからも、現段階では比較的当選する確率が高いといえます。

トーセイ不動産クラウドの公式サイトはこちら⇒

投資歴10年超のプロも投資中の「COZUCHI」が今アツい!

昨今、不動産投資クラウドファンディングサービスは大人気であり、50社以上の事業者が参入しています。

その中でも筆者が最もおすすめできるのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に、36億円という業界でも圧倒的な大規模ファンドを募集しました。

結果はなんと、募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きました。

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが毎月のように組成される点です。

一方で気になるのがそれだけ高い利回りで本当に大丈夫か、信頼できるのかという点でしょう。

筆者は運営会社のLAETORI株式会社の方とお会いしたことがあるのですが、専門性は申し分ないですし、何よりCOZUCHIに対する熱い思いや考えが伝わってきました。

またLAETORI株式会社は、資本金1億円、創業23年目を数える歴史がある不動産会社です。

不動産事業の実績が豊富で、実績とノウハウがあるからこそこれだけの開発プロジェクトをファンド化できているとも言えるので、安全性についても高いと言えるでしょう。

不動産クラウドファンディングに興味がある人、1万円の少額から投資を始めたい人であれば、まずはCOZUCHIは押さえておくべき投資先といえるでしょう。

無料会員登録と投資家登録には本人確認のステップがありすぐには投資できないため、条件のいいファンドへの投資機会を逃さないためにもまずは無料の会員登録・投資家登録を進めておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック⇨