「わかちあいファンドって初めて聞くけど大丈夫なの?」

「本当に信用できるか情報が知りたい」

わかちあいファンドには多くの特徴があり、リスクやデメリットもあるので、どんなものなのか事前にチェックする必要性があるでしょう。

どのくらいの平均利回りなのか、どんな口コミがあるのかなどをチェックして、自分に合った不動産クラウドファンディングなのか知ることが大切です。

それでは、わかちあいファンドの7つの特徴やリスク、デメリットについて解説しましょう。

これから不動産クラウドファンディングを始めようと思っているなら、ぜひ最後まで読んでみてください。

わかちあいファンドの公式サイトはこちら⇒

投資歴10年超のプロも投資中の「COZUCHI」が今アツい!

昨今、不動産投資クラウドファンディングサービスは大人気であり、50社以上の事業者が参入しています。

その中でも筆者が最もおすすめできるのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に、36億円という業界でも圧倒的な大規模ファンドを募集しました。

結果はなんと、募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きました。

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが毎月のように組成される点です。

一方で気になるのがそれだけ高い利回りで本当に大丈夫か、信頼できるのかという点でしょう。

筆者は運営会社のLAETORI株式会社の方とお会いしたことがあるのですが、専門性は申し分ないですし、何よりCOZUCHIに対する熱い思いや考えが伝わってきました。

またLAETORI株式会社は、資本金1億円、創業23年目を数える歴史がある不動産会社です。

不動産事業の実績が豊富で、実績とノウハウがあるからこそこれだけの開発プロジェクトをファンド化できているとも言えるので、安全性についても高いと言えるでしょう。

不動産クラウドファンディングに興味がある人、1万円の少額から投資を始めたい人であれば、まずはCOZUCHIは押さえておくべき投資先といえるでしょう。

無料会員登録と投資家登録には本人確認のステップがありすぐには投資できないため、条件のいいファンドへの投資機会を逃さないためにもまずは無料の会員登録・投資家登録を進めておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック⇨

 

わかちあいファンドは怪しい?CMがうざい?評判・口コミを紹介

わかちあいファンドに関する評判や口コミは多くあるので、一部を紹介します。

新しいタイプのファンドなので、かなりの期待感があります。

今後のファンドが楽しみですね。

初心者でも投資しやすいようにメリットやデメリットが明記されているのがありがたいですね。

おかげで安心して投資できています。

毎回安定した利回りで利益が得られています。

募集しているファンドの条件が良いので、安心して投資できますよ。

わかちあいファンド。

CMがうざいと思っていましたが、逆に気になって調べてみたら、とても魅力的な投資先ですね!

わかちあいファンドの公式サイトはこちら⇒

わかちあいファンドの7つの特徴を一挙解説!

わかちあいファンドには、以下のような特徴があります。

  • 概要
  • 募集頻度
  • 過去の募集件数
  • 最低投資額と優先劣後比率
  • 直近の平均募集額
  • 直近の募集達成率
  • 直近の平均運用期間

サービスを開始してどのくらいのファンドが募集されたのか、直近の平均利回りや平均募集額、募集達成率などを確認していきましょう。

それでは、わかちあいファンドの7つの特徴について解説します。

わかちあいファンドの概要

わかちあいファンドで取り扱われているファンドは、基本的にマンションタイプで賃貸戸数は10戸前半、すべてマスターリース契約となっています。

わかちあいファンドの募集頻度

わかちあいファンドの募集頻度は、月に1~3回です。

募集頻度はそこまで高くないと言えるでしょう。

ただ、ふとした時に募集される可能性があるのでチェックが必要です。

わかちあいファンドの過去の募集件数

わかちあいファンドのこれまでの累計ファンド数は、24件です。(2022年5月時点)

サービスが開始されてあまり経っていないこともあって、累計ファンド数は少なくなっています。

わかちあいファンドの最低投資額と優先劣後比率

わかちあいファンドの最低投資額は、10万円からです。

優先劣後比率は、優先80%~90%、劣後10%~20%となっています。

最低投資額が10万円からなので、初心者にはハードルが高いと言えるでしょう。

優先劣後比率は平均的で、万が一損失が出ても、総出資額の10%~20%以内であれば優先出資元本に影響はありません。

わかちあいファンドの直近の平均募集額

わかちあいファンドの直近5件の平均募集額は、5,100万円です。(定番ファンドのみ、2022年5月時点)

ファンドによって募集金額の差が激しいので、募集金額が少ないとすぐに募集が終了してしまうでしょう。

わかちあいファンドの直近の募集達成率

わかちあいファンドの直近5件の募集達成率は、103.8%です。(定番ファンドのみ、2022年5月時点)

100%を超えて運用されているファンドもあるため、この数字になっています。

過去に募集されたファンドは、すべて完売しています。

わかちあいファンドの平均運用期間

わかちあいファンドの直近5件の平均運用期間は、13ヶ月となっています。(定番ファンドのみ、2022年5月時点)

基本的に運用期間を12ヶ月としているため、中期的な運用がしたい方におすすめです。

わかちあいファンドの公式サイトはこちら⇒

わかちあいファンドに投資する前に!リスク・デメリットについても解説

わかちあいファンドの不動産クラウドファンディングのリスクやデメリットは

  • ファンド数が24件と少ない(2022年5月時点)
  • 元本保証ではない
  • 最低投資額が10万円と高い
  • 出資や払い戻しの手数料は自己負担

以上の4点が挙げられます。

わかちあいファンドのリスク・デメリット1.ファンド数が24件と少ない(2022年5月時点)

わかちあいファンドは2019年にサービスを開始したばかりのため、ファンド数が少ないのが大きなデメリットだと言えるでしょう。

過去のファンド一覧を確認することによって、達成率や募集金額、募集されている物件の情報などの様々な情報を元に、投資するかを判断できます。

わかちあいファンドの場合、ファンド数が少ないため、少ない情報で決めなければなりません。

わかちあいファンドのリスク・デメリット2.元本保証ではない

わかちあいファンドは、今まで元本割れをしたことがないとはいえ、元本保証ではありません。

元本割れするリスクはゼロではないため、しっかりと理解した上で投資を行いましょう。

わかちあいファンドのリスク・デメリット3.最低投資額が10万円と高い

わかちあいファンドは最低投資額が10万円からなので、投資初心者には向いていないのもデメリットです。

最低投資額が10万円となると、初心者は手が出しづらいでしょう。

しかも運用期間が12ヶ月以上と長いため、短期間で利益を出したい方には向いていません。

マスターリース契約があるとはいえ、リスクとデメリットを踏まえた上で本当に投資するのか吟味する必要性があるでしょう。

わかちあいファンドのリスク・デメリット4.出資や払い戻しの手数料は自己負担

わかちあいファンドでは、出資や払い戻しの際の手数料は自己負担です。

ただし、わかちあいファンドではPayPay銀行を使用しているため、払い戻しの手数料は

  • PayPay銀行の口座あて:無料
  • 他の金融機関あて:145円(税込、金額の制限なし)

と割安なのがうれしいですね。

わかちあいファンドの公式サイトはこちら⇒

わかちあいファンドの会員登録の方法をステップでわかりやすく解説

わかちあいファンドに会員登録する手順は、以下のとおりです。

  1. わかちあいファンドの公式サイトにアクセスする
  2. 「いますぐはじめる」をクリックする
  3. メールアドレスとパスワードを入力する
  4. 入力したメールアドレスに届いた認証メール内のURLをクリックする

以上の手順で会員登録は完了です。

その後、投資家登録ページから個人情報の入力、本人確認を行いましょう。

わかちあいファンドでの本人確認は

  • オンラインでの本人確認(最短10分)
  • はがきでの本人確認(1週間)

から選ぶことができます。

わかちあいファンドの運営会社「株式会社日本プロパティシステムズ」の会社情報

わかちあいファンドの運営企業である日本プロパティシステムズは、会社を設立して20年以上経っており、上海にも拠点を持つ企業です。

取得が非常に厳しいとされる「不動産特定共同事業」の許可を取得しているのも、信用できるポイントではないでしょうか。

資本金も1億円あるので、安定性も非常に高いでしょう。

会社名

株式会社日本プロパティシステムズ

設立日

2000年9月

所在地

〒520-0042
滋賀県大津市島の関1-10

連絡先

077-511-5281

資本金

1億円

従業員数

26名(上海拠点含む)

代表取締役

森田 康弘

わかちあいファンドの公式サイトはこちら⇒

まとめ

わかちあいファンドは、非常に厳しい審査を通過しないと取得できない不動産特定共同事業許可を取得しているのが最大の特徴です。

サービスが開始されたばかりで累計ファンド数は少ないですが、過去のファンドはすべて完売しています。

元本割れを起こしたことがないという点でも、信頼性は高いと言えるでしょう。

安心して投資できる不動産クラウドファンディングを探しているなら、わかちあいファンドに登録してみてはいかがでしょうか。

わかちあいファンドの公式サイトはこちら⇒

投資歴10年超のプロも投資中の「COZUCHI」が今アツい!

昨今、不動産投資クラウドファンディングサービスは大人気であり、50社以上の事業者が参入しています。

その中でも筆者が最もおすすめできるのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に、36億円という業界でも圧倒的な大規模ファンドを募集しました。

結果はなんと、募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きました。

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが毎月のように組成される点です。

一方で気になるのがそれだけ高い利回りで本当に大丈夫か、信頼できるのかという点でしょう。

筆者は運営会社のLAETORI株式会社の方とお会いしたことがあるのですが、専門性は申し分ないですし、何よりCOZUCHIに対する熱い思いや考えが伝わってきました。

またLAETORI株式会社は、資本金1億円、創業23年目を数える歴史がある不動産会社です。

不動産事業の実績が豊富で、実績とノウハウがあるからこそこれだけの開発プロジェクトをファンド化できているとも言えるので、安全性についても高いと言えるでしょう。

不動産クラウドファンディングに興味がある人、1万円の少額から投資を始めたい人であれば、まずはCOZUCHIは押さえておくべき投資先といえるでしょう。

無料会員登録と投資家登録には本人確認のステップがありすぐには投資できないため、条件のいいファンドへの投資機会を逃さないためにもまずは無料の会員登録・投資家登録を進めておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック⇨